マナーを弁えつつ良い名刺を作るのであればネット業者で簡単印刷

Business Card

MENU LIST

名刺印刷で使用されるオンデマンド機の特徴

少枚数での注文が多いオンデマンド印刷機は、オフセット印刷とは異なる印刷方式となります。インキではなくトナーによる出力となるので、インキのように乾かす工程はありません。さらにオフセット印刷のような刷版などの前準備も必要ないので、データが揃えばすぐに印刷へと移ることができます。オフセット印刷ほどの印刷スピードは無いので、少枚数の名刺の注文に向いています。ただしオフセット印刷と比べると、品質の安定性には課題があります。
インキを使うオフセット印刷も工場内の温度の影響を受けますが、オンデマンド印刷も温度などの影響により色合いが安定しない特性があります。また広い面積のベタは色ムラも発生しやすいという傾向があります。名刺印刷の場合には、紙面がそれほど広くないので色ムラはそれほど気にしなくても良いかもしれません。カラーの色合いもデザインによっては安定性は気にならないでしょう。
オンデマンド印刷はオフセットとは異なり、特色は使うことができません。そのために基本4色であらゆる色を表現する必要があります。このようにオンデマンド印刷には様々な特性があるので、注文時には考慮しておくことが大切です。その上で満足できるような名刺が作れるように頼むことが必要となります。

名刺印刷のデザインで注意したいポイント

名刺印刷は印刷サービス業者が提供するテンプレートを利用してデザインすることができます。その際に注意したいのは、求める用途に応じたデザインを選ぶということです。例えばビジネスシーンで利用する名刺を作るのであれば、極力シンプルなデザインを選ぶ必要があります。フォントもフォーマルなものを選び、あまりポップな印象を与えないようにすることが大事です。
印刷サービスを利用すれば、フォントも選ぶことができるので、ビジネスであればクラシカルな信頼感を得られるものが必要になります。逆に店舗などで配布するための名刺印刷をするのであれば、インパクトのあるデザインが必要です。フルカラーにすることで、印象付けることもできます。ただしフルカラーであれば料金もそれなりに高くなります。そこでネットプリントのオンデマンドを利用すれば、格安料金で作成することができます。
オンデマンド印刷は少枚数での注文でも安く作成することができるので、個人で注文する場合にも便利です。デザインもサイト上で簡単に行うことができます。文字を自由に打ち込み、レイアウト編集も簡単に行えるのが特長です。パソコンさえあれば誰でも好きなデザインを作ることができるのでお得です。

名刺印刷は見やすさ重視

「名刺印刷」の際に、素材選びでつまずくこともあるのではないでしょうか。紙質にもさまざまなタイプがあります。業者によって扱っている素材が異なるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。
クラフト紙は適度なハリがありしっかりしています。また、費用が安いのも魅力です。コストを抑えたい人はこのタイプを選ぶと良いでしょう。和紙は和をイメージした企業におすすめです。渋くて洗練された印象に仕上がります。メタリック素材やキラキラしたラメ入りはポップでゴージャスなイメージです。目立たせたい人はこのタイプを選ぶと良いでしょう。また、マットなツヤなし、光沢のあるツヤやかなタイプがあり、同じような紙を使っていても雰囲気がガラリと変わります。
名刺はデザインばかり重視すると、見にくくなってしまうこともあります。デザインに力を注ぎたいと思うなら見やすさを失わないように提案しなければなりません。模様を入れる際は文字が混乱しないように気をつけましょう。また、濃いカラーをバックにするとき、文字まで濃いカラーを選んでしまうとメリハリがなく、見にくい名刺になってしまいます。バックが濃いカラーの場合、文字は白や淡色系を選ぶのがベタです。

男性
TOP